陶芸、和紙、木工、ログハウス、石焼窯、何でも手づくりしましょう。http://www.ne.jp/asahi/kenbo/warmth/
by nukuyuu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
春一番
from フラワーズ
野口みずきは金を取れない?
from かきなぐりプレス
今日の運勢・占い
from 当らないおっちゃん占い
今日の金運・占い
from 当らないおっちゃん占い
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
子供の歯並びで悩んでいます
from 子供の歯並び
フィッシング詐欺とは?
from 詐欺対策サイト
そば(蕎麦)に関する情報..
from そば(蕎麦)に関する情報集!!
こんにちは
from マナブならcocoガイド
習い事 陶芸,陶芸 習い..
from 習い事 陶芸始めてみませんか
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
# by nukuyuu | 2017-09-03 17:24 | 子供たち

氷しか見ていなかった・・・

約一週間前の8月5日、町会の夏祭りを行いました。

去年は前日が大雨で、会場の小学校校庭がグチョグチョ!

町会会館の駐車場に会場を移して、模擬店で準備していた
約600人分の食材を売り切り、ホッとしたものです。

そんな訳で今年は小学校校庭に櫓を組んでの盆踊り、
町会行事の中でも30年振りの大イベントになりました。

私の役割は朝9時から、夏祭りの寄付を戴いた方々のお名前を
掲示するボードの組立と取り付け

13時からは模擬店で担当するカキ氷会場の準備
そして、15時からは子供神輿を担ぐ子供たちの世話と
神輿の先導です。

ワッショイ!ワッショイ!!

子供たちの元気な声に力を得て、
16時からはカキ氷作りです。

とっても暑かった日なので、焼きそばや焼き鳥の担当に
比べるとラッキーです。

一つの氷のブロックから7杯のカキ氷を作るとの予定のようですが、
他の担当者の仕事を見ていると、

カップに盛ったカキ氷とこぼれたカキ氷の量が同じような・・・

そんな状況を見ていると、私の職人魂に火がつきます。

交代して私が作り始めると、12杯が取れるようです。

予定していた数を売り切っても、まだ氷が余っています。
急遽、カップとシロップを追加購入しに行って貰って
予定数の1.5倍を売りました。

結局、20時まで、カキ氷を作り続けることになって、
盆踊りも太鼓やフラダンスなどのイベントを見ることもなく、

ただただ、氷ばかりを見ていたようです。

この日は朝の7時からスロージョギングの活動も行ったので、
後片付けの仕事も入れると14時間も校庭にいたことになります。

とてつもなく、長くて暑い一日、

そして多くの参加者の感動が得られた燃える一日でした。









[PR]
# by nukuyuu | 2017-08-11 22:23 | 町会活動

人生の難問、第二弾

息子夫婦の帰省、そして、第二弾の問いかけ?

昨日は幼稚園年長の孫に、
「じいさんってどんな子供だったの?」って
問われて、ドキマギ・・・
返答に困ってしまった。

今日は息子と酒を酌み交わしていての一言。

息子が大学を卒業した年に私は
「もう、親としての責任は果たした。
 あとは、お前が自分で考えて自分の道を切り拓け」
と言ったらしい。

自分では、そんなに息子を突き放す気持ちではなく、
親からの支援ではなく、これからは自分でお金を貰う立場に
なったことを認識して欲しい!との思いで言ったのだと思う。

多分、世間の殆どの親は同じような気持ちを抱いていたので
ないのだろうか?

幸いに私の息子は、そんな私の言葉を信じてくれたのか?

実直に会社に勤め、生涯の伴侶を見つけ、
子供二人の幸せな家庭を築いている。

そして、その孫二人は、じいさんのことが大好きで?、
私は「じじい冥利」と言える立場にあるようだ。

昨日の新聞に「40代、50代の引きこもりが大問題!」
だとの記事が載っていた。

人生の歯車はどのように回り、どんな理由で狂ったり、
止まってしまうのだろうか?

私は息子夫婦に感謝の思いしかない。















[PR]
# by nukuyuu | 2017-08-01 22:02

人生一番の難問かも?

昨日から群馬の息子家族が夏休みで遊びに来た。

近くに住んでいる娘夫婦のところは男の子二人に
女の子一人の3人の孫たちなので、とても騒々しい。

息子夫婦のところは女の子二人の孫なので、
男の子とは違って、それなりの騒々しさに収まっている。

同じ女の子でも、
娘夫婦のところの女の子は上二人が男の子なので、
まるで三男坊のような強さとうるささがある。

今回は普段接している、この娘夫婦の孫3人に
息子夫婦のところの女の子の孫、2人が加わるのだから、
孫5人の騒々しさは流石に並大抵ではない。

あちこちで、トラブルも起きる。
それぞれが自分の意志を通そうとする。
喧嘩も始まる。
よく分からない妥協点で仲直りしたりもする。

そんなこんなで、最後は、花火大会
「楽しかったね」で盛り上がって、散会した。

そして、今日の朝、
息子夫婦の下の子、年齢的に4番目の孫が
背中に覆いかぶさって、私に聞いた。

「じいさんって、どんな子供だったの?」

「う~ん」
これって、史上最大の難問のような??

何を答えても、「嘘」のように思えてしまう。

自分の生き方を問われているようで・・・

子供の純粋な問いかけは恐ろしい!










[PR]
# by nukuyuu | 2017-07-31 21:59

油絵を描いてみた

絵画のサークルに参加し始めて半年が経った。

油絵が13名で、水彩画は私のみ、
特に指導を受けた感じもなく

紙の素地で白を表す難しさに悶々としながら
黙々と試行錯誤の日々が続いている。

そうだ。
気晴らしに油絵を描いて見ようと思った。

半年間、13人の人たちが油絵を描く様子を
見てきたので、きっと、描ける筈だ。

とは言え、どこまで本気で取り組むべきか?
まだ何とも言えないので、オークションで
使い古しの油絵具を手に入れた。

先ずは下地を塗り、背景から色を置いて・・・と、
見よう見まねで色を塗り重ねて行った。

水彩画に比べて、何と、簡単なことのようだ。

油絵が絵画の王道で難しいとは言うものの
多分、それは自分の色を創り出すと言う
上級者レベルの話ではないだろうか?

初心者の油絵は、とにかくペタペタ、
色を置いていくだけでいいのかも知れない。

富士が紅く染まった。

e0115811_11102983.jpg



[PR]
# by nukuyuu | 2017-07-20 11:14 | 絵画

存問って?

草間時彦氏の「俳句十二か月」を読み始めている。

そのまえがきに
「俳句は存問の詩である」と言う言葉が出てくる。

高浜虚子の言葉らしい。

存問(そんもん)とは訪ね、見舞うこと、安否を問うことであって、

「お寒うございます。お暑うございます」と
日常の生活を通じ、人々や自然への問いかけがすなわち、
俳句とのことのようだ。

最近は寒い冬と暑い夏しかないような天候になってしまったのだが、
昔は確かに四季があった。

日本人の細やかな心情は、その季節を更に細かく
二十四節季に分けて、自然の移ろいと人々の営みを現してきた。

たまたま、接した俳句講座を契機に

日本人としてのものの見方や心の持ち方を再認識するように
なった気がしている。

話は飛ぶが、Windows10の漢字変換機能

以前から、日本人感覚とのズレが酷いと思っていたが、
俳句歳時記にあるような美しい言葉に接してみると

これは由々しき問題だと思ってしまう。

「そんもん」、このような言葉が「存問」に変換されることは
ありえない。

大東亜戦争の敗戦で、個人の責任よりも個人の権利主張を
優先する憲法を押し付けられて、日本人の美徳が失われて行ったように、

日本人感覚が崩されているような気がしてならない。








[PR]
# by nukuyuu | 2017-07-13 23:24 | 四季