陶芸、和紙、木工、ログハウス、石焼窯、何でも手づくりしましょう。http://www.ne.jp/asahi/kenbo/warmth/
by nukuyuu
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メモ帳
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
春一番
from フラワーズ
野口みずきは金を取れない?
from かきなぐりプレス
今日の運勢・占い
from 当らないおっちゃん占い
今日の金運・占い
from 当らないおっちゃん占い
ペット・犬の情報
from いぬっこだいすき倶楽部
子供の歯並びで悩んでいます
from 子供の歯並び
フィッシング詐欺とは?
from 詐欺対策サイト
そば(蕎麦)に関する情報..
from そば(蕎麦)に関する情報集!!
こんにちは
from マナブならcocoガイド
習い事 陶芸,陶芸 習い..
from 習い事 陶芸始めてみませんか
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
by nukuyuu | 2017-09-03 17:24 | 子供たち

夏休み子供工作教室の準備

残りの人生の使い方を考えた時に

自分の楽しみよりも少しでも社会への恩返しに使いたい!と
思っていることは  既に述べた。

その一つの試みが「夏休み子供工作教室」である。

実は昨年、30年ぶりの町会の夏祭りを復活させ、
「祭りと言えばお神輿だ!!」との思いで、子供たちと一緒に
ダンボールで子供神輿を作った。

ところが、余りにも子供たちが何も出来ないのに愕然とした。

道具を使いこなすのは人としての「生きる術」の一つである。

万が一の震災のことなどを考えると道具を使うことも出来ない
今の子供の「生きる力」は疑わしい。

これを何とかしなくては・・・との思いの「工作教室」である。

そして、子供たちに教えるためには、先ず、大人が学ばないと
いけない。

そんな思いでの「事前の大人の工作教室」なのである。

第一回目の「竹トンボ」作りでは一つ作るのに1時間半も
掛かってしまい、先行きに大きな不安を感じることになった。

昨日が第二回目

今回は流しソーメン用のカップと箸作りを中心に行なった。
これは、竹を切って、割って、削るだけなので順調だった。

太い竹を半分に割ってのソーメンを流す樋作りにも目処が立った。

竹馬に竹ぽっくり、水鉄砲もなんとかなりそうだ。
ホッ!と一安心の第二回目の大人の工作教室になった。

集まって戴いた9人の方々に感謝します。


e0115811_22440850.jpg
e0115811_22444740.jpg


[PR]
by nukuyuu | 2017-05-01 22:47 | 子供たち

陶芸教室活況?

昨日の金曜日の13日、工房での今年2回目の教室を開きました。

仕事量を減らそうとの発想で、約2年前に月謝制の料金を
一回ごとの支払いに変更しました。
生徒さんの都合の悪い時には無理に参加しなくても良い訳です。

その効果はてきめん、
普段は2~4名の参加者になりました。
せかせかすることなく個別対応も出来て、ゆったりとした教室運営です。

そんな状況に慣れていたところに
昨日は2名の体験者が加わりました。

合計6名、それぞれに作りたいのものが違い、それぞれに難易度の
違うことを同時進行で進めるのですから、大変でした。

でも、久しぶりの盛況、工房の活気が蘇ったようでした。
でも、でも、その分、各個人に対応する時間は減るわけですから
どちらがいいのかなぁ~、って、複雑ですよね。






[PR]
by nukuyuu | 2017-01-14 10:13 | 陶芸

七宝教室を始めます。

ものづくりの館「温々悠々」では5月より七宝教室を始めます。
第二、第四金曜日の10:30~12:30、時谷幸子先生です。
昨年4月にものづくりの館「温々悠々」をオープンして初めての店子さんです。
嬉しくなって生徒募集のチラシを作ってあげました。

先ずは5月11日に体験教室を開きます。
普通の講習では講習費2200円と別途、材料費がかかって3000円前後になります。

体験では半額の1500円でオリジナルのアクセサリを作ることが出来ます。

是非、ご参加下さい。
e0115811_21103446.gif


七宝とは?
金、銀、銅などの金属製の下地の上に釉薬(ゆうやく:鉱物質の微粉末を水とフノリでペースト状にしたもの)を乗せたものを高温(800度前後)で焼成することによって、融けた釉薬によるガラス様あるいはエナメル様の美しい彩色を施すもの。

中近東で技法が生まれ、シルクロードを通って、中国に伝わり、さらに日本にも伝わった。日本最古のものは、奈良県の藤ノ木古墳より出土、又、奈良市の正倉院に黄金瑠璃細背十二稜鏡が収蔵されている。
[PR]
by nukuyuu | 2007-04-20 21:14

定着化してきた?裂き(さき)織り教室

 第三回の裂き(さき)織り教室を行いました。
 今回の4名のうち、3名は第一回体験教室への参加者です。
 もう、織り機の扱いにも最初ほどの不安はありません。
 縦糸を張るのだってスムーズでした。
 次第に夢は広がり、ただ、織るだけではなく、どんな作品に仕上げていこうとするのか構想も広がっているようです。
 近いうちに、袋ものやベストに形を変えるそうです。 楽しみです。
 
 織り上がった作品たちです。
 昼から5月イベントの打ち合わせがあって出掛けました。
 その段階では3名の方のe0115811_23121295.gife0115811_23123924.gif作品しか完成していませんでした。
[PR]
by nukuyuu | 2007-03-22 23:13 | ものづくり

トンボ玉体験教室

 平成19年3月14日(水) 第一回 トンボ玉体験教室を行いました。
 初めてのトンボ玉はなかなか丸にならず、苦労しながらの作品づくりでした。
 先ずは単色のトンボ玉づくりです。
 それぞれが自分の好みの一本のガラス棒を選びます。
 バーナーの炎に遠いところから次第にガラス棒を温め、ゆっくりと溶かしながら
 鉄心に巻きつけ、丸い形を作っていきます。
 比較的簡単で片手で、ゆっくりと回転させながら集中して作業が出来ます。
 この単色のトンボ玉づくりは大きさの違いこそあれ、比較的「○」と言う形が出来ました。

 ところが次の段階では色々な装飾を施します
 細いガラス棒を巻きつけたり、予め花びらのように加工されたピースを埋め込んだりと
 両手を使う作業が始まりました。
 ところが、右手に注力すると左手が疎かになり、左手に注力すると右手が疎かになったり
します。
 その結果、多少は楕円形や樽形?になったりしましたが、先生の手助けを得て、作品が
仕上がりました。
e0115811_23344291.gife0115811_23351014.gif
[PR]
by nukuyuu | 2007-03-15 23:38 | ものづくり